第5回・1962年
ビーチハウスで美容アドバイス
~東洋のマイアミで~

「東洋のマイアミで海浜メイキャップの指導」連日新記録の人出で賑わっている東洋のマイアミ、江の島海岸でカネボウ化粧品の海浜メイキャップ指導が話題を集めました。七月二十九、三十、三十一日の三日間午前十時から午後四時まで、円型のスマートな建物で知られている東急レストハウスの前に、大きなテント二つに、ビーチパラソル三つの海浜美容室が設けられました。陽やけを心配するお嬢さん、また美しく陽やけしたいという方々の美容相談が殺到。約百名近い美容部員、レーヌ会の先生方はテンテコまい、うれしい悲鳴をあげていました。特に日曜日の二十九日は、折からの台風で高波でしたが、海辺には若さに溢れたカッパ連が右往左往。無料サービスのメイキャップやヘヤーの手入れのアドバイスは人気の的。サニーカラーに、サニーオイルがあれば太陽もちっともこわくないと大喜びでした。最終日三十一日には、アベック西瓜割大会が催され、楽しいレジャーのひとときを過しました。

カネボウ化粧品ニュース(1962年8月20日号)より

ギラギラ光る太陽のもと、小麦色のお肌が美しい魅力をつくりだす

BELL79号(1963年)裏表紙広告