第10回・1968年
ソワンエステティック国産第1号機の開発
~エステティックの国内普及をめざして~

ソワンエステティック国産第1号機

1967年、カネボウ化粧品は、大阪済生会病院皮膚科の山本茂一医長(当時)よりパリのソワンエステティック機器と技術の紹介を得て、機器の国産化に向けての取り組みに着手しました。 当時の日本では、エステティック機器は、フランスやドイツから輸入していましたが、カネボウ美容研究所はこれら海外機器の機能・性能を参考に、1968年に低周波電流(5~1,000ヘルツ、±極性)を用いてお肌のお手入れを行なう国産第一号のエステティック機器の独自開発に成功しました。

以降、1980年代後半にかけて、カネボウチェーン店での常設用・巡回美容相談用、セルフケア用、サロン用など用途別に様々な機種を開発し、お肌のお手入れを助けるためのエステティックの普及に努めてきました。

その過程では、美容家の芝山みよか女史、前掲の山本茂一医長、カネボウ美容研究所の吉田醇所長の3名の呼びかけで、1972年に日本初のエステティシャン組織「日本エステティシャン協会・CIDESCO-NIPPON」(後の、日本エステティック協会※1)を設立し、エステティックの効果検証と日本でのエステティシャンの地位確立を推進しました。

エステティックの研究と検証の歴史によって育まれたエステティックへの思いは、ホスピタリティマインドにあふれたプロフェッショナルエステティシャンを育成する「カネボウトータルビューティアカデミー※2」に今も受け継がれています。

  • (現在、カネボウ化粧品では、エステティック機器等の美容機器の開発、店頭でのソワンエステティックは行っていません)

1969年(昭和44年)3月4日 日本粧業速報
「カネボウ 銀座三越でソワン・エステティックの指導」