エコロジー領域
環境に配慮したモノづくり

環境に配慮したモノづくり

カネボウ化粧品は、環境負荷の少ない素材の使用とご家庭での廃棄量削減に配慮した商品の開発に取り組んでいます。

最後まで使いやすく

「KANEBO」のザ クリームファンデーションは、肉厚のガラスボトルながら、最後までスムーズに使い切れるよう、ビンの口から底まで、内側の側面を段差なくストレートに成形するとともに、底に丸みを持たせるといった工夫をしています。
また、容器を固定するためのプラスティック台座の削減により、廃棄プラスチック量・CO2排出量の量的削減を実現しました。環境性能の向上を通して、地球環境に配慮したモノづくりを心がけています。

外箱への再生紙(認証紙)の採用による再生資源の積極活用と責任ある原材料調達

「KANEBO」は、再生紙を外箱に積極的に採用することで、再生資源の積極活用を目指しました。また、外箱の外装フィルム包装等のプラスチック使用量の削減も目指すなど、地球環境に配慮したモノづくりを心がけています。

外箱の内側に使用方法などの記載

「トワニー」や「freeplus」では、商品の特長、使用方法などを解説する「説明書」を外箱の中に同梱するのではなく、外箱の内側に説明を印刷するようにしています。(一部除外)「説明書」の用紙を削減し社会における紙使用量削減に貢献するといった、地球環境に配慮したモノづくりを心がけています。

付け替え用をラインアップし、プラスチックごみ量を削減「EVITA」

「EVITA」は、オールインワンジェルに付け替え用レフィルをラインアップ。本体の一部と蓋を継続して使用することでプラスチックごみ量・CO2排出量の削減を可能にしました。地球環境に配慮したモノづくりを心がけています。

付け替え用をラインアップし、プラスチックごみ量を削減「DEW」

「DEW」は、ローション、エマルジョン、クリームそれぞれに付け替え用レフィルをラインアップ。 本体の一部を継続して使用できる付け替え用レフィルを採用することで、プラスチックごみ量・CO2排出量の削減を可能にしました。地球環境に配慮したモノづくりを心がけています。

詰め替えパウチの採用

「リクイール」は、シャンプーのレフィルにパウチ袋を採用し、廃棄プラスチック量・CO2排出量を減らすことで、地球環境に配慮したモノづくりを心がけています。

化粧水容器の付け替えボトル採用

「トワニー」は、化粧水のレフィルに、無駄なく衛生的で簡単・スピーディに付け替えをすることができる付け替えボトルを採用しています。
廃棄プラスチック量・CO2排出量を減らすなどの環境性能向上を通して、地球環境に配慮したモノづくりを心がけています。

サンスクリーンにスタンディングパウチを採用

「アリィー」では、外装パッケージに日やけ止め化粧品で初めてスタンディングパウチを採用しています。パウチ化によって従来のプラスチック製の外箱に比べ、商品が取り出しやすくなりました。さらにこのような使いやすさの向上だけでなく、廃棄プラスチック量、CO2排出量が大幅に減り、環境性能の向上にも成功しています。
商品一個あたりの廃棄プラスチック量が約6割減少し、CO2排出量が約5割削減されます。

外箱に再生紙、BIO PET(植物素材含む)を採用

「リサージ」は、環境に配慮した包装素材を採用しています。リサージ ボーテライン(写真左)の外箱には、「Uボード(100%再生紙)」を、リサージ iライン(写真右)の外箱には、「BIO PET」を使用しています。
廃棄プラスチック量、CO2排出量を大幅に減らし、リサイクル社会の実現に貢献します。