コーポレート・カルチャー領域
Diversity&Inclusion

多様な働き方支援

Smart Work

ワークライフバランスを実現し、業務の生産性を高め、社員一人ひとりがやりがいを感じる職場環境の実現を支援しています。フレックスタイム制や在宅勤務制度を導入し、長時間労働の是正と多様な働き方の促進に努めています。

長時間労働の是正

有給休暇の取得促進

就業マネジメントの徹底

フレックスタイム制の導入

在宅勤務制度導入

就業報告会の実施

仕事と育児の両立支援

仕事と介護の両立支援

長時間労働者
産業医面談実施

モバイル端末の活用

仕事と育児の両立支援

子育て中の社員をサポートする制度や各種プログラムを用意し、イキイキとパフォーマンスを発揮しながら活躍できる組織風土の醸成と職場環境の整備に努めています。また、制度の拡充や各種イベントの開催も実施しています。

ガイダンスの実施

産育休を控えた社員がスムーズに産育休の取得、職場復帰できるようガイダンスを実施しています。利用できる制度の概要、出産後の手続きや給付金について社員が安心して産育休を迎えられる準備ができるようサポートしています。対象者だけでなく、その上司も一緒に参加することができるため、互いに理解しあえる関係づくりの構築を支援しています。

仕事と育児の両立支援に関する各種イベントの開催

花王グループでは、仕事と育児の両立支援のため各種イベントを開催しています。

パパ・ママ社員セミナー
『F&M(Father&Mother)Meeting』

育児と仕事の両立を支援するために、先輩社員座談会やランチミーティング、外部講師による育キャリ・イクボスセミナー等、パパ・ママ社員向けからマネジメント層向けまでさまざまなイベントを開催しています。先輩パパ・ママ社員の実体験から育児と仕事の両立のコツを学び、働き方の工夫や参考事例を共有し、社員同士のネットワークづくりを提供しています。こうした取り組みがワークライフバランスに対する意識向上に繋がっています。

ランチミーティング

育キャリ・イクボスセミナー

育児休職復職前支援セミナー
『タツノオシゴトセミナー』

育児休職からの復職予定者とその配偶者を対象に、育児休職復職前支援セミナー『タツノオシゴトセミナー』を毎年開催しています。セミナーでは、復職に向けた準備や不安を払拭し、スムーズな職場復帰を支援しています。育児休職から復職後の効率的な働き方、キャリアについて考える機会を設け、夫婦でパートナーシップを強めることの大切さを学ぶ機会としています。

仕事と育児を両立しながら活躍している社員

一人目の子どもである長女が誕生する半年ほど前に、職場の上司に育児休職の相談をしました。その時、上司をはじめ周りのメンバーからの理解と応援をありがたく感じました。その3年後、二人目の子どもである長男の誕生予定を上司に伝えると、「おめでとう!いつ育児休職をとるの?」という心強い言葉をいただけて、とても嬉しかったです。
長女が誕生した直後は育児休職と有給休暇を合わせ4週間の休みを取得しました。この育児休職で育児の大変さや喜びを味わえました。生まれたばかりの赤ちゃんは日々の成長が目ざましく、それを間近に見られたのは、とても貴重な時間で、本当によい経験ができたと思っています。また、長女が1歳になる前には、育児休職を2ヶ月取得。妻と長女を連れて母国に帰国し、私の親と一緒の時間を過ごしました。親孝行もできて、とても感謝しています。
長男が生まれた際も、育児休職を取りました。妻が育児休職から仕事に復帰したあとは共働きの生活がはじまり、最初は子ども二人の送り迎えをどう対応すればいいかなど、さまざまな不安がありましたがフレックスタイム制度が役立ちました。このような制度のおかげで、妻もフルタイムで働けますし、今まで積んできたキャリアを諦めずに、仕事を続けられるママになれるのは、我々の家族の幸せにつながると思います。

認定マークくるみん

次世代認定マーク「くるみん」取得

カネボウ化粧品は、次世代育成支援への取り組みが評価され、2007年5月に次世代育成支援対策推進法に基づく認定を受けています。これは、次世代育成支援対策推進法に基づき、「次世代育成支援行動計画」を策定し、その目標を達成した企業に認められるものです。出産や育児を抱える社員に対し、働きやすい職場環境を提供し、仕事と育児の両立が図りやすい環境整備に努めてきました。これからも仕事と育児の両立支援に積極的に取り組み、ワークライフバランスの実現に向けて次世代育成支援に取り組んでまいります。

  • ※『くるみん』とは、子どもが優しく「くるまれている」というイメージと、「職場ぐるみ・会社ぐるみ」で仕事と子育ての両立を支援する等の意味が込められています。

妊娠・出産・育児支援制度

仕事と介護の両立支援

社員が仕事と介護を両立できるよう各種支援制度があります。介護を抱える社員が介護離職することなく、仕事と両立して活躍できる職場環境の整備をおこなっています。

介護セミナー開催

仕事と介護の両立を支援するため外部講師による介護セミナーを開催し、介護保険制度や両立支援サービスの情報提供等を行っています。セミナー参加者同士のグループワークやケーススタディもあり、受講者参加型のプログラムになっております。

[参加者の声]

  • 親の介護について家族で話し合ってみたいと思いました。
  • 具体的な話を聞くことができたのでイメージが湧きました。
  • まだ介護は始まっていないが、心構えができました。
  • もしもに備えてきちんと準備をしておきたい
  • 家族の介護が必要になったとき仕事と両立するためのポイントがわかった

介護ハンドブックの発行

花王グループでは、介護制度の理解促進を図るため、介護ハンドブックを発行しています。介護に必要な準備、各種介護支援制度、介護保険サービスの活用方法などの役立つ情報をまとめています。介護ハンドブックはいつでも社内イントラから閲覧することができます。

社外介護相談窓口の設置

介護の疑問点や困りごとの相談を受け付けています。 現在介護を抱えている方はもちろん、これから介護に関わる可能性がある方も介護の専門家に電話やメールで相談することができます。

介護支援制度

介護・看護

  • 看護・介護休職
    対象家族1人について要介護状態ごとに1回、休職開始日より連続する歴日数365日を限度として取得できる。3回まで分割取得可
  • 始業・終業の繰り下げ・繰り上げ
  • 所定外労働の免除
  • 在宅勤務
    自宅及び自宅に準ずる場所で週2回まで在宅勤務することができる。
    利用要件:看護・介護、育児、通院、業務都合
  • 看護・介護短時間勤務
    家族の看護をする社員は、1日所定労働時間を最大2時間短縮することができる(4パターンから選択)
  • 看護・介護特別休暇
  • 差額ベッド料補助金
  • 介護見舞金
    対象家族が要支援・要介護認定を受けた場合お見舞金を支給します
  • 介護教室・支援
  • オムツ無料配布・購入補助金
  • 傷病・介護サービス補助金
    ホームヘルパー等の介護サービスを利用した場合にその費用の一部を補助します

Work Life Balance

仕事とプライベートを両立しながらキャリアの実現に向けて

仕事とプライベートを両立しながら、イキイキと安心してやりがいを持って働ける環境整備に取り組んでいます。効率的な働き方の実現や仕事と個人の生活との両立をめざし、フレキシブルな働き方を可能にしています。

多様な働き方を支援する制度

フレックスタイム制

柔軟な働き方を選択することができ、仕事とプライベートの両立しやすい環境です(コアタイムなし)

勤続リフレッシュ制度

勤続10年ごとに5日間休暇とギフト券が付与されます

海外赴任同行休職

配偶者の海外赴任に伴い、キャリア継続を支援するため一定期間の休職が可能です

年次有給休暇

1日・半日・時間単位での取得が可能で、使いやすい制度になっています

結婚休暇・結婚祝金

結婚休暇5日間と結婚祝金が支給されます

ボランティア特別休暇

社会福祉、災害救助、自然環境保護等の社会的活動への人的支援を目的に年5日間取得することができます

ワークライフバランス諸規則

育児休職制度(1991年導入) 子が満1歳4月末日、または子が満1歳2カ月までのいずれか長い期間を限度として取得できる。法に定める特別な事情が認められる場合には最大1年間延長することができる
子の養育を容易にするための始業・終業の繰り上げ、繰り下げ制度(1991年導入) 小学校3年生修了までの子を養育する社員は、始業と終業時間を2時間以内繰り上げ、または繰り下げて勤務することができる
育児時間制度(1991年導入) 生後満1歳未満の子を養育する社員は、1回につき30分、1日2回労働時間を免除することができる
看護・介護休職制度
(1991年導入)
家族の看護・介護をする社員は、対象家族1人について要看護状態ごとに1回、休職開始日より連続する1年間を限度として取得できる。但し、通算して365日に至るまでの間については、同一の対象家族について要介護状態に至るごとに3回まで分割して取得できる
看護を容易にするための始業・終業の繰り上げ、繰り下げ制度
(1991年導入)
家族の看護をする社員は、始業と終業時間を2時間以内繰り上げ、または繰り下げて勤務することができる
育児短時間勤務制度
(2010年導入)
小学校3年生修了までの子を養育する社員は、本人の希望により1日の所定労働時間を、(1)5時間30分、(2)6時間、(3)6時間30分、(4)7時間、より選択できる(2016年改定)
看護・介護特別休暇
(2021年改定)
  • ※あわせて上限40日または20日取得可
  • 子どもの短期看護
    小学校3年生修了までの子を養育する社員は、子の看護及び予防接種・健康診断を必要とする場合に休暇を取得することができる
    取得日数:子の人数×年5日
    取得単位:1日・半日・時間
  • 家族の短期介護
    要介護状態にある家族の短期的な看護・介護を必要とする社員は、休暇を取得することができる
    取得日数:対象家族の人数×年5日
    取得単位:1日・半日・時間
  • 長期の看護・介護
    対象家族の看護・介護で連続、または通算で8日以上の休業を必する場合に休暇を取得することができる
    取得単位:1日
  • 配偶者分娩サポート
    配偶者の分娩時のサポートに2日間まで休暇を取得することができる
    取得単位:1日
所定外労働の免除(2010年導入) 小学校就学直後の4月末日に達するまでの子を養育する社員は、所定外労働の免除を適用することができる(2016年改定)
パパ・ママ育休プラス
(2010年導入)
両親ともに育児休職を取得した場合、特別の理由が無くとも1歳2ヶ月まで育児休職の取得を可能とする
出産後8週間以内の育児休職取得者の再取得(2010年導入) 配偶者の出産後8週間以内の期間内に父親が育児休職を取得した場合には、再度取得を可能とする
勤続リフレッシュ制度
(2011年導入)
勤続10年ごとに、勤続リフレッシュ休暇ならびにギフト券を付与する
看護短時間勤務制度
(2016年導入)
家族の看護をする社員は、本人の希望により1日の所定労働時間を、(1)5時間30分、(2)6時間、(3)6時間30分、(4)7時間、より選択できる   
海外赴任同行休職制度
(2016年導入)
配偶者が勤務先の発令により、1年以上の海外赴任となる場合は、1年から最長2年間の休職を認める
フレックスタイム制
(2017年導入)
労働者が一定の定められた時間帯の中で労働の始業・終業時刻を自由に決定できる労働時間制
育児休職期間の繰り上げ・繰り下げ回数の変更について
(2017年10月改定)
育児休職期間の撤回・変更について、休職開始予定日の繰り上げについては1回、休職終了予定日の繰り下げについては、最大5回まで認める
在宅勤務制度(2018年度導入) 自宅及び自宅に準ずる場所で週2回まで在宅勤務することができる。
利用要件:看護・介護、育児、通院、業務都合