story64

あなたのお仕事って、本当に素晴らしいわね!

先日、アイブロウをお探しのお客さまがご来店されました。「眉の描き方で何かお悩みはございませんか?」とお訊ねすると、「ずっと自己流だったのでやり方がよくわからない」とのことでした。そこで私は、「ぜひ、美眉づくりのアドバイスをさせてください」とお客さまをカウンターの席にご案内しました。

お客さまのフェースプロポーションをよく観察させていただき、眉型の設計を考えて眉を描いていきました。お客さまは、「わぁ~!眉だけでこんなに印象が変わるのね、驚いた~」と感激されたご様子でした。そして、「実は来月、同窓会があるの。同窓生に化粧品の仕事をしている人がいてね、いつもその人キレイで若く見えて、うらやましかったのよ。私もその人に負けたくないと思ってたの。」とおっしゃいました。それをお聞きして私は、「それでは、その同窓会に参加される人の中でお客さまが一番輝けるメイクアップを今からしてみましょう!」と言って、当日のお召し物の色やデザイン、髪型等もお伺いしながら張り切ってメイクアップを仕上げていきました。

私がしていくメイクアップの一つひとつのやり方を鏡で見ながら、「勉強になるわ~」と感心していらしたお客さまは、メイクが完成すると、「本当にありがとう!10歳くらい若返ったよ~」と大喜びしてくださいました。

「帰ったら今日のメイクアップを母にもしてあげたいわ」とおっしゃいました。高齢のお母さまは数年前からオシャレへの興味を失い、メイクアップもされなくなったそうですが、「でも、メイクアップしてあげればきっと今日の私みたいに喜んで、元気になると思うわ」とワクワクされているようでした。

あなたの仕事って、とってもいい仕事よね。人をキレイにして気持ちまで元気にさせてあげられる、素晴らしいお仕事ね。


お客さまからこのような嬉しいお言葉をいただけて、私はこの仕事をしてきて本当に良かったとその時思いました。

店頭では日々、様々な想いを持ったお客さまのとの出逢いがあり、お客さまの喜ぶ姿、ありがとうの言葉が、私の仕事の原動力になっています。これからもたくさんのお客さまの笑顔が咲き、笑い声が弾むカネボウコーナーであり続けたいと思っています。

語り手 Y.T./BC(ビューティカウンセラー)
九州地区 BC歴30年