story58

小さい頃からずっとこのお店が一番でした!

「一期一会」に感謝し、出逢いを大切にして勤続10年。その間には、とても素敵な再会もありました。
ある日お声かけしたお客さまは、お母さまとお嬢さまのお二人連れでした。そのお母さまは前にお見かけしているような気がしたので、思い切って「以前もご来店くださいませんでしたか?」と伺ってみました。すると、輝くような笑顔で、「覚えていてくれて嬉しいわ!」とのお返事。「7年前に引っ越したから全然来られなかったけれど、娘のバイトの面接の付き添いでこのお店の前のコンビニに来たとき、あなたの姿を見かけたの。もう嬉しくって、すぐ娘に“帰りにカネボウに寄っていこう!”って言ったのよ!」とのお言葉をいただきました。

かつてお母さまと一緒にこのお店にいらしていた頃はまだ小さかったお嬢さまは今はすっかり成長されたお姿に。何よりお嬢さまからの

いつかカネボウのお姉さんにお化粧を教えてもらうのが、ずっと夢でした!

とおっしゃってくださったのです。

お話を伺うと、「あなたは私の気持ちをわかってくれて、本気で励ましてくれた。それが嬉しくて、もう一度前向きになろうと思えたの。そんな私に気づいたのか、主人も優しい言葉をかけてくれるようになったわ。みんなあなたのおかげよ。本当にありがとう」と、感謝の言葉をいただきました。

それ以来、お客さまはいつもおだやかな笑顔でご来店されるようになりました。初めてお会いした時とは見違えるほど艶やかなお肌で、装いも実に華やか。キラキラと美しく輝くお客さまの瞳を見ると、むしろ私の方が元気をいただいています。お客さまに寄り添ったカウンセリングの大切さを改めて学んだ出会いでした。

語り手 Y.Y./BC(ビューティカウンセラー)
近畿 BC歴10年