story55

日本で、こんなに親切に教えてもらえた

その日ご来店いただいたのは、ベトナムから来日されて半年という若いお客さまでした。スキンケアを始めたいとのことでのご来店でしたので、今どのようなケアをされているかを伺ったところ、片言の日本語で「お化粧のことは何もわからない、洗顔フォームも使ったことがない」とのお返事。そこで、ゆっくりした口調でW洗顔とW保湿の重要性から説明を始めました。私が話す日本語を、スマートフォンで翻訳しながら、熱心にうなずいてくださるそのご様子に、私もお客さまのご期待にしっかりお応えしなければと思いながら精いっぱい説明を続けました。

一通り説明が済んだ後、「お客さまはスキンケアをされるようになれば、よりキレイになるし、日本での生活もきっともっと楽しくなりますよ!」とお伝えすると、

日本に来て半年になるけど、こんなに親切にわかりやすく色々と教えてもらったのは初めて。日本をもっと好きになれそう。

と笑顔で応えてくださいました。
慣れない異国での生活で、さぞかしご苦労も多かったのだろうと思いますが、カネボウ化粧品コーナーでひと時の安らぎを感じていただけたことを、とても嬉しく思いました。

その後もお客さまは、「祖国の母、姉、叔母に化粧品をプレゼントしたいので、また相談に乗って欲しい」と笑顔でご来店くださいました。
“たとえ言葉や文化が異なっても、お客さまの気持ちに精いっぱい寄り添えば、必ず信頼関係を築くことができる”そのことを確信できた、外国のお客さまとの素敵な出会いでした。

語り手 T.T./BC(ビューティカウンセラー)
首都圏 BC歴12年