story54

story54

髪まで整えてくれてうれしい

スキンケアとメイクアップのアドバイスをさせていただいたときのこと。お客さまのご様子がどこかご不満そうに見えました。もしかしたら、メイクにご満足いただけなかったのか、または、何か気分を害すようなことをしてしまったのでは、と私は気が気ではありません。

そんな中、全体の仕上がりを確認していると、傷んでいるせいでまとまりにくくなっている髪の毛に気づきました。そこで、「最後の仕上げに」とご了承いただき、髪の毛にツヤとボリュームがでるようにセットをして、アップにまとめるお手伝いをさせていただきました。

すると、お客さまのご様子が一転。大変喜んで、初めてニッコリ微笑んでくださいました。
そして、筋肉の難病を患っていること、そのせいで髪の毛のお手入れやスタイリングが難しく悩んでいたことを打ち明けてくださいました。さらに今日は、ご夫婦の記念日でこれから食事に行くところだったそうで、

髪まで整えてくれてうれしい、ありがとう!

と、お礼を言ってくださいました。
お客さまはメイクの仕上がりにご不満があったわけではなく、いつも悩みの種だったヘアスタイルがなんとかうまくいけばと思われていたそうです。そこに、まさか思ってもいなかったヘアスタイリングのアドバイスがあったので、鬱々とした気持ちも晴れたとおっしゃってくださいました。そして、にこやかにご主人との待ち合わせ場所にお出かけになられました。

後日、今度は笑顔でご来店くださったお客さま。
「この前はありがとう。主人もびっくりしながら『今日はとってもきれいだよ!よかったね』と褒めてくれたの」ととてもうれしそうにその時の様子をお聞かせくださいました。

思うようにメイクやヘアスタイリングなどができないと鏡を見るのが憂鬱になってしまいます。そんなお悩みを抱えたお客さまが少しでも元気を取り戻せるよう、これからもビューティカウンセラーの仕事を通じてお手伝いをしていきたいと思いました。

語り手 E.O./BC(ビューティカウンセラー)
専門店所属 BC歴17年