story47

story47

毎日お化粧してねって孫が喜んでくれたから

ある日のこと、60代ぐらいのお客さまから「数日後にどうしてもお化粧をしなくてはいけなくなって、相談にのってほしいの。ここ何年もしていなかったので・・・・・・」と、話しかけられました。

実は数年前に娘さんを亡くされ、その後、お孫さんの母親代わりとなって子育てをしていらっしゃるとのこと。今回は、そのお孫さんが小学校に入学され、初めての授業参観に行くことになったそうです。
「周りのお母さんたちはみんな若いから、私みたいなおばあちゃんが行ったら孫が可哀想だと思って。だから少しでも若々しくキレイにして行きたいの」とおっしゃるお客さまの優しい気持ちに感動し、一生懸命メイクアップアドバイスをさせていただきました。

仕上がっていくにつれて、だんだん表情が柔らかくなりつつも、普段の自分との違いに少し戸惑っている様にも見受けられました。私は、「お孫さんは、きっとキレイなおばあさまを見てお喜びになりますよ。ご安心なさってください。当日は、自信を持ってお出かけくださいね!」と励ましの言葉をお掛けしてお見送りしました。

それから1ヶ月ほど経った頃でしょうか。今度は、お孫さんと仲良く手をつないでご来店くださいました。でも、前回不安そうにご来店いただいた時とは様子が違います。その日はキレイにお化粧されていて、表情はにっこりと華やか!
「この前はありがとう。授業参観に行ったら孫がすごく喜んでくれて、あれから毎日お化粧するようになったのよ」と報告しに来てくださったのです。

毎日お化粧してね!って孫が喜んでくれたから、うれしくて

と、お客さまがおっしゃると、隣からお孫さんも、「おばあちゃんをキレイにしてくれてありがとう!」とお礼を言ってくださいました。
明るく幸せそうなお客さまとお孫さんを拝見し、キレイのお手伝いを通して幸せな笑顔が増やせることを実感できました。

語り手 M.T./BC(ビューティカウンセラー)
チェーンストア所属 BC歴17年