story41

story41

バス旅行の日まで毎日練習しないとね

ある日、80歳代のお元気なお客さまがご来店になり、メイクアップ商品のコーナーをしばらく眺めていらっしゃいました。
「いつもお使いいただいているんですか?」と、少し大きめな声でお声掛けすると、「こんどバス旅行があってね。キレイにして行きたいんだけど、若い頃のように思うようにお化粧が上手にできないし、商品がたくさんあり過ぎてどれが自分に合っているのか選べなくって」と困り顔のお客さま。

そこで、バス旅行の後も続けて毎日メイクアップを楽しんでいただけるように、使い方をご説明させていただくことにしました。キレイになりたいお気持ちがあるのに、うまくできなくて諦めてしまわれるのは、とてももったいないこと。ゆっくりと使用感や手順を確認しながらアドバイスをはじめました。
最初は、手元がおぼつかないと苦労されていたリップライナーやアイライナーも、机に肘をついて固定いただくようアドバイスすると、キレイに描けるようになりました。
スキンケアアドバイスでも、容器のポンプを押すときの力加減や、フタの開閉の固さなどを一緒に確認しながら商品を選びました。

お客さまは何度も鏡をご覧になり、「若くなったね! キレイだと褒められていた昔を思い出したよ」と笑って

「バス旅行の日まで毎日練習しないとね」

と、とても喜んでお帰りくださいました。

と、とても喜んでお帰りくださいました。

バス旅行の数日後、妹さまとご一緒にふたたびお店にいらしてくださったお客さま。
旅行中に、妹さまから「若返った秘密を教えて!」と聞かれ、「これまでは化粧品を買っても説明通りにできなくて家で一度も使わなかったものがたくさんあるの。でも、ここならちゃんと使えるようになるまで教えてくれるよ」と私のことを話してくださったとのこと。

姉妹で仲良くご来店いただき、私のアドバイスを喜んで受けてくださったことがとても嬉しかったです。改めて、「いくつになってもキレイでいたい」というお客さまの心に寄り添ってアドバイスできるビューティカウンセラーでありたいと、自分の理想像を思い描くことができました。

語り手 R.S./BC(ビューティカウンセラー)
静岡支店所属 BC歴16年