story23

story23

家族にもマッサージをしてあげたい

東北の被災地区を巡り、被災者のみなさんを対象に行なった美容講習会のときのことです。講習会では、お肌のお手入れポイントをお話しし、その後でクリームを使ったマッサージ方法を参加者のみなさんに実習していただきました。

当日は、ご年配の方が多かったのですが、その中に30代くらいの方が参加されていました。その方は、お一人でいらっしゃったのか、周りの方ともあまりお話をされず、表情も固い印象でした。しかし、マッサージをしていくうちに、少しずつ表情が柔らかくなり、次第に私たちの冗談に笑ったり、会場のみなさんとも打ち解けてお話しするようになっていました。

講習会が終わり、参加記念の修了証をお渡ししたときには「今日は来てよかったです。お肌のお手入れで、お肌も心もとても癒されました」と満面の笑みを見せてくださるまでに変わっていました。さらに、お話をしているなかで、いろいろな思いがあふれてきたのでしょう、震災で生活が一変して毎日必死で過ごしてきたこと、自分が家族を守らなくてはとずっと気を張ってきたこと、今日は震災後はじめて自分のために時間を作って講習会に参加したことなど、それまで抱えていた思いを打ち明けてくださいました。
そして、帰り際に、

「今日教えてもらったマッサージを家族にもしてあげたいです」

と明るい笑顔でおっしゃって、足取り軽やかに帰っていかれました。

講習会中は、参加者のみなさんの笑顔に誘われて、私たちも自然と笑みがこぼれ、会場全体に笑顔の輪が大きく広がっていくのを感じました。みなさんのご様子から、女性は大変なときこそお互いに励まし合い、前に進む強さを持っていることを教わって、私たちのほうこそ元気をいただいた一日でした。

語り手 Y.Y. 講師
美容教育グループ 講師歴6年(当時)