story22

story22

最近、メイクが楽しくて

ある日、「優しい印象のメイクをしたい」というお客さまがいらっしゃいました。職場の後輩にメイクが濃すぎると言われて、どうしたらいいのか悩まれているとのことでした。

そこで、ピンクベースのチークとリップを使って、ナチュラルで優しい印象になるメイク方法をご紹介させていただきました。メイクをしている最中、お客さまは何度も鏡をのぞきこまれて、満足そうなご様子。「明日からこのメイクで会社に行きます」と、使用したアイテムを購入されて、お帰りになりました。

それから1カ月後、先日ご紹介した通りに上手にメイクを仕上げて、再びそのお客さまがご来店されました。「今日は眉の描き方を教えてほしいの」とのご要望でしたので、自然な眉の描き方のテクニックをご説明しながら、新色のアイシャドウなども使ってアイメイクを仕上げました。お客さまは、その仕上がりを見た途端に「なりたかった眉になってる!」と目を輝かせて喜ばれ、携帯電話で目元の写真を何枚も撮影されました。
そして、「実は、メイクをしてもらったあとに写真を撮って、それを見ながら毎日練習していたんです。練習しないと上手にできなくて・・・・・・」と恥ずかしそうにおっしゃいました。

「でも、だんだん上手になってきたんです。最近はメイクするのが楽しくて!」

と、晴れやかな笑顔のお客さま。

メイクのご相談にお応えしてお客さまに笑顔になっていただけた嬉しさと、日々の練習でご自分らしい輝きを増してこられたお客さまのご努力を尊敬する気持でいっぱいになりました。

語り手 S.I/BC(ビューティカウンセラー)
百貨店課 BC歴11年(当時)