story21

story21

お肌がとってもツヤツヤになったわ

数カ月に一度、介護老人保健施設にうかがってボランティアをしていたことがあります。施設利用者のみなさんに、スキンケアやメイクを楽しんでいただくためです。

あるとき、施術をしている私たちの様子を少し離れたところから眺めていた鈴木幸子さま(仮名)という利用者の方がいらっしゃいました。私は鈴木さまにもぜひとお声がけをしたのですが、「私はいいわ」と下を向かれて遠慮なさっているご様子でした。私たちは、一人でも多くの方に、 施術を受けて晴れやかな気持ちになっていただきたいという思いでうかがっていました。そこで、鈴木さまに安心していただけるように、そっと手に触れて「せっかくですから、お顔のマッサージしてみませんか?とても気持ちがいいですよ」とお誘いしました。すると、「あなたの手、温かくてやわらかいわね。じゃあ、やってもらおうかしら」と少し心を開いてくださいました。

早速、やさしくお顔のマッサージをしてから、蒸しタオルで包み、化粧水、乳液、クリームをおつけして、まごころを込めてお肌のお手入れをしました。お手入れ中はおやすみになっていたのであまりお話ができず、鈴木さまの表情もうかがえませんでしたが、終わってから「どうでしたか?」とお尋ねすると、

「わぁ、すごい!お肌がとってもツヤツヤになったわ」

と目を大きく開いて鏡をのぞき込み、何度も何度もご自分の肌の感触を手で確かめられて、にっこりとした笑顔を見せてくださいました。

手のぬくもりから、鈴木さまに私のまごころを伝えられたのでしょうか。言葉は少なくても、お肌に触れさせていただくことで、自分の気持ちをお伝えできるということを実感した出来事でした。

語り手 H.S. 講師
美容教育グループ 講師歴2年(当時)