story15

story15

ママ、きれいになった?

あるとき、小さなお子さまを連れた20代後半のお客さまがご来店されました。 そのお客さまは、ほとんどメイクをされておらず、お話をうかがうと、「これまで自分でファンデーションを選んでいたんだけど、夏は脂っぽくなるし、冬は乾燥が気になって」とのことでした。

そこで、ファンデーションに加えて、年間を通して肌悩みを解決できるフェースアップパウダーをご紹介しました。「フェースアップパウダーまでは・・・・・・」と少し尻込みされていたお客さまでしたが、お試しいただくと「肌がきれいに見える!パフの肌触りもフワフワ。香りもいいですね」と、笑顔がこぼれ出しました。

それからは逆に積極的になられ「できたら・・・・・・目元のメイクも教えてもらえますか?」とご要望をいただきました。そこで、お客さまのお顔立ちを引き立てるようなメイクの方法を一つひとつご紹介しました。
アイライナー、アイシャドウと試されるたびに、「うわぁ、いつもの私と違う!」と、楽しそうに鏡をのぞきこまれるお客さま。アイメイクが仕上がると、

「どう?ママ、きれいになった?」

と、目をキラキラさせながら、興奮気味にお子さまに話し掛けていらっしゃいました。

お客さまは、以前は好きだったメイクも、子育てで忙しくなってからはあまりすることがなくなってしまったとのことでした。しかし今日、久しぶりにアイメイクをしてやっぱりメイクは楽しいと改めて感じられたそうです。
「アイメイクを教わって、自信を持ってメイクができそうです!また来ますね」と、晴れやかな笑顔でお店を後にされたお客さま。お客さまが再びメイクを楽しまれるきっかけを作れて本当によかったと思いました。そして、これからもメイクを楽しまれていかれるお客さまにお会いできることがとても楽しみです。

語り手 S.A/BC(ビューティカウンセラー)
ドラッグストア課所属 BC歴6カ月(当時)