Story08

Story08

私がこんな顔になれるなんて

「化粧に興味がなかったけれど、30歳過ぎてそれもどうかなと思って・・・・・・」と、ご来店されたお客さま。眼鏡をかけているのがコンプレックスで、手入れやメイクをしてもどうせ変わらないと、おろそかにしてきたそうです。

そこで、眼鏡のフレームを生かしたアイメイクをお試しいただきました。フレームの色を引き立てるアイシャドウとキラキラのアイライナーを塗り、パッチリとした瞳を際立たせました。メイク後、鏡をのぞいたお客さまは

「メイク一つで印象がずいぶんと変わるんですね。こんな顔になれるなんて、思いもしなかったです!」

と、少女のようにはにかんでいました。

この出会いがきっかけで、お客さまとの長いお付き合いがはじまりました。以来、「世界一の美人じゃなくても、“自分史上一番の美女”を目指しましょう!」と、本を読んだり、講演会に出向いたりと、お互いの内面磨きにも力を入れるように。自分らしい美しさを追い続けるお客さまは、私にとって憧れの存在です。

語り手 C.F./BC(ビューティカウンセラー)
ストア課所属 BC歴5年(当時)