ラファイエ サマーパクトUVa

ピンクオークル-B
ベースメイク | ファンデーション
NEW
ラファイエ サマーパクトUVa

発売日:2019.2.16
ひと塗りで 凹凸や色むらをカバーし なめらかでキメ細かな仕上り さらりとした感触で つけたての明るい肌が美しく持続する 美肌パウダーファンデーション
●粒子の細かいパウダーがしなやかに肌へフィットし、いきいきとした印象の肌を演出します。 ●テカリ・ヨレといった化粧くずれを防いで、さらりとした仕上りを持続します。 ●紫外線によるトラブルを防ぎます。
価格
ノープリントプライス
内容量
10.5g
SPF/PA
SPF28/PA++
使用方法

●化粧水や乳液・化粧下地で肌を整えてからお使いください。下地は肌の色を明るく整えるラファイエ サマーアンダーヴェイルUVをお使いになると仕上り効果が高まります。
●スポンジにファンデーションを適量とり、肌にむらなくのばします。
●水使用する場合は、スポンジに水を含ませ、かためにしぼってからお使いください。スポンジにとるときは、ファンデーションの表面をスポンジで強くこすらないように一方向に軽くとるようにしてください。(ファンデーションの表面をスポンジで強くこすると表面が固くなることがありますのでご注意ください。)使用後はスポンジをよく洗い、十分に水気を切ってからケースにおしまいください。
〈セットの仕方〉
別売りのラファイエ サマーパクトUV用ケースにセットしてお使いください。透明のフタをとり、真中より折り曲げます。中皿が容器から浮き上がりますので、指でつまんで取り出し、ケースに収め、上から軽く押さえてください。

使用上の注意

●スポンジが汚れると、ファンデーションがつきにくくなりますので、いつも清潔にしてお使いください。
●スポンジが汚れたら、中性洗剤を薄めたぬるま湯で軽く押し洗いし、ぬるま湯でよくすすいだあとタオル等で水気をとり、必ず陰干ししてください。汚れが落ちにくい場合は、専用のスポンジ用クリーナーをご使用ください。
●替えのスポンジには、別売りタイプの「カネボウ メイクアップスポンジ《両用タイプ用a》」をお使いください。
●傷、はれもの、湿疹等異常のあるところには使用しないでください。
●肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。肌に合わない時や、使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が出た時、また日光があたって同じような異常が出た時は使用を中止し、皮フ科医へ相談してください。使い続けると症状が悪化することがあります。
●目に入らないように注意し、入った時は、すぐに充分洗い流してください。
●誤食等を防ぐため置き場所にご注意ください。
●SPFとは紫外線B波から肌を守る効果を示す指数、PAとは紫外線A波から肌を守る効果を示す分類です。商品選択時の目安とお考えください。他の紫外線防止効果のある化粧品と併用するとより効果的です。

成分情報

マイカ、タルク、合成フルオロフロゴパイト、ナイロン-6、ジメチコン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、ワセリン、トリエチルヘキサノイン、水酸化Al、ミリスチン酸亜鉛、ジフェニルジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、水添ポリイソブテン、ミネラルオイル、シルク、ステアリン酸K、トリイソステアリン酸イソプロピルチタン、含水シリカ、スクワラン、ミリスチン酸、メチコン、乳酸オクチルドデシル、ステアリン酸、ラウロイルアスパラギン酸Na、乳酸、BG、ミツロウ、ハイドロゲンジメチコン、香料、塩化亜鉛、イソステアリルアルコール、ゴレンシ葉エキス、ヒアルロン酸Na、エチルパラベン、メチルパラベン、デヒドロ酢酸Na、(+/-)酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、硫酸Ba

SPF表示、PA表示について

SPFとは紫外線B波から肌を守る効果を示す指数、PAとは紫外線A波から肌を守る効果を示す分類です。

SPF、PA表示は国際的な基準で1cmあたり2mg塗布して測定した値です。

商品選択時の目安とお考えください。他の紫外線防止効果のある化粧品と併用するとより効果的です。

商品を航空便で送る際のご注意
商品に関するご注意
  • ※表示価格はメーカー希望小売価格です。
  • ※販売期間、販売数量、および販売店・販売地域を限定した商品は、原則として掲載しておりません。
  • ※商品の改良などにともない、成分や表示内容などが変更になる場合があります。ご購入、ご使用の際には、商品に表示されている内容をご確認ください。
  • ※価格の記載がない商品については、メーカー希望小売価格を設定しておりません。価格は販売店にて、ご確認をお願いいたします。