KIREI きれいになる人 July and August, 2017 キレイは一日にしてならず。昨日より今日、今日より明日、キレイになることを目指す……。さぁ、あなたも「キレイになる人」へ!!
キレイは一日にしてならず。
昨日より今日、今日より明日、
キレイになることを目指す……。
さぁ、あなたも「キレイになる人」へ!!
キレイで包む。肌を丁寧に包む。
上手に包める人が美しい

例えば、お菓子の小さなおすそ分けをする時、キレイな紙におしゃれに包んで、ハイ、と渡すとそれだけで、あなたの周りにふわりと美しい印象が立ち上がる……
それは、粋な心遣いが相手の心をつかむだけでなく、“美しく包むこと”の効果だということに気づいていたでしょうか。

美しく包む……ものを美しく丁寧に包むのは、日本人のこだわり。世界に誇れる日本の文化です。
そこで今回は、「キレイに包む」、「キレイで包む」という概念が、大人の女性にとっては直接美しさにつながるという提案をしたいと思います。

奇しくも今、文字通りの“キレイな膜”で肌を包むテクノロジーを持った化粧品が増えています。まさしく“肌を丁寧に包み込む美容”こそが、キレイヘの近道として、注目されているようです。だから今、包む美容。上手に包める人が美しい、そういう時代がやって来そうです。


文・齋藤薫(美容ジャーナリスト)

美しい人は、
ハリで包まれている
1.「ハリのある人生」を生きている人は、なぜ美しい?

「ハリのある毎日」「ハリのある人生」という言葉があるけれど、そのハリって、何でしょう。たとえ忙しくても、日々生きがいを感じている心は、いつも適度に緊張感があって、背筋までぴんと伸びるようなエネルギーをもたらしているはずです。まさにこのような状態を心にハリがある人と言えるのではないでしょうか?

だから心にハリがある人は、いつも元気そう。いつもイキイキ前向きに見えます。それは、心が何か“強くて温かいもの”で包まれているから。心が包まれていて、心が強いからこそ、どんなことがあっても前向きでいられる、そういうことではないでしょうか。

ハリは、イキイキした生命感を生む力。だから美しいのです。

2.心をむき出しにしない、
ハリで包むことが幸せへの道

ではあなたの心は包まれているでしょうか。心がむき出しになっていると、何かあった時、どうしても気持ちが揺らいでしまうもの。どんな時も笑顔で幸せそうな印象を放つためには、やっぱり確かな強くて温かいハリで自らを包んでおくべきです。
例えば気持ちが乱れた時、すぐに感情を言葉にせず、一度ゆっくり深呼吸をして考えをその場で整理してみる……するとどんな怒りもおさまります。それが心をハリで包むということ。自ら心を丁寧に包んで整える心がけって、すべての人に必要だと思うのです。その心がけが習慣になった時、ハリのある人生が送れると思うのです。

3.丁寧に包む心は、
美しさに直結します

丁寧に包む文化は、まさに日本のもの。風呂敷や袱紗(ふくさ)、ご祝儀袋なども、包むことで真心を表します。
そもそも日本の着物も体を包むように、装うもの。十二単(じゅうにひとえ)などを思い出してみても、大切に包むことで、人を美しく高貴に整えるのが、着物の定義。包むことが、美しさに直結すると考えていたことがわかります。もちろんそれは美容にもつながるもの。肌を美しい膜で上手に包んだ時、美肌が完成するという考え方は美容の基礎。

だから今改めて、包む美容を提案します。肌を美しく包む、包み技を。



“塗る”から“包む”へ。「新ハリ・ファースト美容」始まる
“塗る”から“包む”へ。
「新ハリ美容液」
始まる

〇美しい人生を送っている人は、肌にも、
顔の表情にも、
ピンとしたハリがある

なんだか肌が、若々しく見える人、いつもイキイキして見える人、はつらつと元気に見える人って、何が違うのでしょう。そこにある共通点はズバリ、肌にハリが感じられること。顔の表情までもイキイキとした印象があることなのです。エイジングケア※1において、一番大切なことのひとつがやはりハリを与えること。それは、印象までが、表情までが、ピンとして見えるから。 そして肌にハリがあると、艶やかに見えたり、なめらかに見えたり、ともかく肌が美しく若々しく見えるから、ハリは私たちにとっていつも真っ先に取り組みたいテーマなのです。

※1年齢に応じたうるおい・ハリのお手入れのこと

〇乾燥、肌のなめらかさやハリのなさなどの
肌悩みをまとめて、
包み込んでしまえたら……

そう思ったことはありませんか?

悩みは悩みを連れてくる……そう思ったことはありませんか。近頃、肌が乾燥しがち。そう思うと、艶やかさも、なめらかさも、そしてハリも、いろんなものが足りないという気がしてきます。だから、逆にひとつのうるおいで、そうした肌悩みのいくつかを包み込んでしまえたら? そう思ったことありませんか?

〇とりわけ年齢とともに
気になってくる、
ハリのなさ。それを
うるおいで包めたら……

さまざまな肌悩みを、まとめて包み込む美容液が欲しい。そして、一番大きなテーマのひとつ、ハリのなさをそっくり包むうるおいが欲しい。年齢を重ねるほどに何かそういう思いが強くなります。充実したうるおいで、悩める肌を包み込んで、ハリを与えて一気にキレイになる……そういうスピーディーな「ハリ・ファーストなお手入れ」を始めませんか。

〇注目したのは、
弾力ストレッチオイル(基剤)。
肌をまるごと包み込む新しい決め手

DEWから、新しい美容液が誕生しました。それが全方位型※2のハリ美容液。まるでネットのようなストレッチ性のある新基剤、「弾力ストレッチオイル」を配合した“ハリ対策”の決め手です。その緻密な伸びのある基剤が、キメの隅々にまで広がって、顔全面を包み込むようにハリを与えます。DEWの長年のヒアルロン酸研究成果から生まれた保湿成分を配合した処方も含め、まさにひとつ上の包み技の完成です。

※2顔全面に塗布すること

〇大切なのは、
部分だけでなく顔全面。
だから“塗る”から“包む”

ハリを目指すうるおいも、これまでは少しずつなじませていくイメージだったはず。でも、この新しいハリ対策美容液、「DEW モイストリフトエッセンス」は、“塗る”というよりも、“包む”ように届けたい美容液。部分へのお手入れもさることながら、顔全面をうるおいで包みあげるように、ハリを与えたいからです。だから全方位型※2。ともかく顔全面を包み込むようにしてお手入れしてください。もっちりと弾むようなハリを目指して。

齋藤薫 美容ジャーナリスト/エッセイスト
女性誌編集者を経て独立。女性誌において多数の連載エッセイを持つ他、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザー、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会理事など幅広く活躍。『Yahoo!ニュース「個人」』でコラムを執筆中。『“一生美人”力 人生の質が高まる108の気づき』(朝日新聞出版)他、『されど“服”で人生は変わる』(講談社)など多数。