だから、赤を変える!
美人の絶対色、赤
だから、赤を変える!
美人の作り方、意外篇1
似合う赤が見つけられない?
だったら自分で赤を変えればいい

赤は大昔から、美人の絶対色。きっと美人にしてくれる色だからと、誰もが憧れる口紅色の主役です。でもそれだけに、多くの人が悩んでいたはずなのです。赤を塗りたいのに、どうしても塗りたいのに、自分に似合う赤が見つけられないこと。ただ見つからなくても赤への強い憧れから、結局いつも、口紅に自分を合わせてしまう……。 本当は、色に自分を合わせるのではなく、自分に色を合わせるべきなのに。赤という色は主張が強すぎて、人に合わせてはくれないからついつい赤に自分を合わせようとしてしまうのです。
 
だから生まれた、KATEの赤。「レッドヌードルージュ」は、なるほど、こんな方法があったんだ! きっとそう驚くはずの、新しい仕組みの赤口紅。まさに、自分の赤へと、赤を変えていく、なんとも賢いリップアイテムの誕生です。

●似合う赤がないならば、
自分で似合わせてしまえばいい

似合えばこれほど人を美しくする色はないのに、似合う一色を見つけるのが最も難しい色……。それが私たちにとっての赤。それを充分に知り尽くしているからこそ、KATEはこう考えました。似合う赤がないなら、似合わせてしまえばよいのだと。そのためにイチから設計したのが、このとってもユニークなパレット口紅、「レッドヌードルージュ」なのです。自分で自在に赤を変え、自分に似合う赤にする、それがこのリップイノベーションのテーマです。

●濁りのない赤を下地に、
皮膚色のような
ヌードカラー
を重ねる?

一見2色組のリップパレット、でもこの2色はそれぞれ特別な意味を持っています。赤系のカラーの方をまず下地として唇に塗り、上からヌードカラーを重ねて、少しずつ唇にカラーをなじませていくのです。ヌードの重ね具合で赤を調整しつつ、自分の赤にしていく。きっと自分にぴたり寄り添う瞬間が見つかるはずです。
また、毎日のファッションやアイメイクでも似合う赤は変わるけど、ヌードカラーを重ねる量で様々な仕上がりを1つのパレットで自在に作れます。この仕組みは全色一緒、KATE独自開発のテクニックなのです。

●それは生きた唇の構造を真似た、
とても賢いテクニック

でもなぜ赤を下地に、上からヌードカラーを?
それはズバリ、人間の唇の色の仕組み(構造)をそっくり真似たから……。
人の唇が赤みを帯びているのは、血管が見えているからだし、それを薄い皮膚が覆っているからなのです。その仕組みを色とテクニックで再現するために、赤はあくまで澄んだ赤、ヌードはあくまで皮膚の色に近い色になりました。そういう意味でも、2色組のリップパレットとは塗り方も異なること、覚えていてください。そのひと手間が、一人ひとりに似合ううえに、ハッとする仕上がりの鍵なのです。

高純度発色×高保湿=
バーム由来処方
で、
一体何が叶うのか?

さて、従来の口紅と異なるのは仕組みだけではありません。人の唇を質感でも再現するために、KATE独自開発のバーム由来処方を採用しました。本来がなかなか両立しにくい「高保湿」と「高純度発色」を併せ持つうえに、唇の表面でとろけるようなうるおい感触を実現したのがバーム由来処方です。これは、スティックタイプの口紅では実現が難しい処方。発色が良いのに、口紅っぽくない、美しいリアル唇仕上げの理由です。

●赤の色系だけを選べば、
あとは限りなく
自分に赤を似合わせるだけ

赤の口紅といっても、その赤も様々。真紅はもちろん、ピンク系の赤、オレンジ系の赤、ベージュやブラウン系の赤から、ワイン系の赤まで、唇の赤だからこそ、そこまで表情豊かなのです。だから、「レッドヌードルージュ」のカラーバリエーションも8タイプ。どんな赤唇になりたいか、その色系だけを選んでください。あとは、ヌードカラーの重ね方、その色加減で、自分の思い通りの赤が唇の上で生まれていきます。まさに自分が求める赤唇へ、美人色の完成を目指して!

5/1発売

KATE レッドヌードルージュ 全8種

価格はノープリントプライス*

嘘泣きアイライナーで、もっとリアルに、センシャルに、美人の涙袋

5/1発売
KATE フェイクティアーズメイカー 全2種
価格はノープリントプライス*

*ノープリントプライス商品の価格は、取り扱い店にてご確認ください。