KIREI きれいになる人 November and December, 2018 キレイは一日にしてならず。昨日より今日、今日より明日、キレイになることを目指す……。さぁ、あなたも「キレイになる人」へ!!
キレイは一日にしてならず。
昨日より今日、今日より明日、
キレイになることを目指す……。
さぁ、あなたも「キレイになる人」へ!!
重ねても重ねても、透明感
寝ても覚めても、透明感

女性たちが何より欲しいもの、それは“透明感”なのではないでしょうか。
誰にとっても、それは夢。
美しさにもし優先順位があるのなら、今、紛れもなくそれは優先されるべきもの。
でも一体なぜ?


そもそも透明感とは何なのでしょう。
目に見えているようで見えていない、でも見えているかもしれないもの。
形はないけれど、とてもすがすがしく清らかで豊かなもの。
明らかに女性をまっすぐキレイに見せるもの。
そして何より、女性たちが強く憧れを持つのも、美しさには透明感そのものが
重要なのに、極めて難度の高いものだからなのです。
だからそれは美容にとっても夢。
透明感のある美しさを目指したいのに、とても難しいものだからです。
でも今、美容にとっての透明感も新しい時代を迎えようとしています。
重ねても重ねても透明感のある美しさへ。
透明感の、新しい扉が開きます。


文・齋藤薫(美容ジャーナリスト)

キレイになる人の、透明感の力学
透明感って、そもそも一体何?
1. 透き通るような美しい景色を
見ると、心まで透き通る

例えば、高原の朝の澄み切った空気の中を歩くような時、あくまでも透き通るかのような空と透明な海を目にした時、それだけで心が洗われます……なぜならそれは、神様が与えてくれたかけがえのない透明感。美しい景色の圧倒的な透明さには、人の心を浄化する力が備わっているからなのです。

2. 透明感とは、清らかさの象徴

赤ちゃんが持つ肌、瞳、声。それはまさに透明感のあるイメージに溢れています。同時に濁りのない清らかさの象徴でもあります。だから私たちは透明感に、言葉では説明できないような憧れを持っているのです。残念ながら年齢を重ねつつ、赤ちゃんが持つような透明感を保つことはなかなか難しいもの。でも人は自らの手で透明感を演出してもいけるのです。

3. 世にも不思議な透明の
メカニズム

透明感にはどうしたら挑めるのでしょうか。鍵となるのは3つ……光。陰影。色調。具体的には、たくさんの光を受けること。影を取り払うこと。濁りのないこと。これらをクリアすれば、おのずと透明感が生まれているはずなのです。

光の量が多いほど透明度が高くなる。例えば、晴れた日の海

よく晴れた日の浅瀬の海を思い出してください。まるで綾織のような光が現れてゆらゆらと揺れるはずです。それが海の透明度をそっくり物語ります。

透明ガラスとすりガラスの違いは何?

凹凸すなわちわずかな影が透明感を消してしまいます。例えば、透明なガラスの水晶玉と、すりガラスの水晶玉。それらを通して見えてくる景色は全く別のものになります。凹凸のあるすりガラスと違って、透明なガラスは、あくまでもなめらかだったからこそ、向こうにあるものをリアルに、でもドラマチックに見せることができるのです。

湧き水と、水たまりの差は何?

濁りのないものは透明。とめどなく溢れる湧き水は、すべての瞬間が透明。おのずと透明度が失われてくる水たまりとの差は歴然です。

〇キレイになる人の決め手のひとつは、
透明感。だから透明感に憧れて

キレイになる人は、いつかはきっと透明感ある美しさを手に入れたいと思うもの。透明感こそ、美容におけるひとつの鍵。逆に言えば、さまざまな美しさの条件をクリアして、初めて得ることができるのが透明感なのです。

透明感の力学
5つの鍵
“KANEBO最高峰シリーズ。“初めての透明美””…カネボウ
“KANEBO最高峰シリーズ。“初めての透明美”…カネボウ
KANEBO最高峰シリーズ。“初めての透明美”…カネボウ
  • 花びらを重ねて重ねて、ダークヒロインの眼差し…KATE
  • ピンクを重ねて重ねて、アーバンクールな奥行きピンク提案
  • 深みと奥行きで、見とれさせる冬のディープコレクション
  • 光と影を重ねて、ふっくら凛と、美人唇…コフレドール
  • 花びらを重ねて重ねて、ダークヒロインの眼差し…KATE
  • ピンクを重ねて重ねて、アーバンクールな奥行きピンク提案
  • 深みと奥行きで、見とれさせる冬のディープコレクション
  • 光と影を重ねて、ふっくら凛と、美人唇…コフレドール
齋藤薫 美容ジャーナリスト/エッセイスト
女性誌編集者を経て独立。女性誌において多数の連載エッセイを持つ他、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザー、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会理事など幅広く活躍。『Yahoo!ニュース「個人」』でコラムを執筆中。『“一生美人”力 人生の質が高まる108の気づき』(朝日新聞出版)他、『されど“服”で人生は変わる』(講談社)など多数。
Next Issue: January 8, 2019