紫外線吸収剤は肌に悪いと聞いたのですが…

「紫外線吸収剤」は、吸収剤そのものが紫外線を吸収し、熱エネルギーなどに変化させて肌表面から放出させ、皮膚の細胞に紫外線の悪影響が及ぶのを防ぐものです。肌に紫外線を吸収しやすくしたり、肌が熱くなるような心配はありません。肌への安全性も確認されています。
ただし、紫外線吸収剤に限らず、化粧品の特定の成分が、ご使用になる人の体質によって、まれにアレルギー反応を起こす場合があります。その際は早めに皮膚科専門医にご相談ください。
また、「紫外線散乱剤」というのは主に粉体で、肌の表面で受けた紫外線を乱反射させて逃がし、肌内部に侵入するのを防ぐ働きをしています。

関連カテゴリー