紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いは?どうやって見分けることができるの?

紫外線吸収剤は、化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変換して紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぎます。 紫外線散乱剤は、物理的な仕組みで紫外線を散乱、反射させます。散乱剤(パウダー)が肌を均一に覆って紫外線を肌表面で反射、散乱させて紫外線の影響を防ぎます。
製品により、どちらかのみを配合している場合と、両方配合している場合があります。当社の日やけ止め製品で主に使用されている紫外線防止剤の成分は下記の通りですので、成分表示を見る時のご参考になさってください。

●紫外線吸収剤として使われている成分
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・メトキシケイヒ酸オクチル
・パラメトキシ桂皮酸エチルヘキシル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・オクチルトリアゾン
・オクトクリレン
 など

●紫外線散乱剤として使われている成分
・酸化チタン
・酸化亜鉛
 など

関連カテゴリー