ヘアカラーを使う時、肌に着色するのを防ぐには?

髪が肌に触れやすい首、額、耳などに、水をはじく油性のクリームをぬって着色を防いでください。ヘアカラー液がつきそうな箇所は全体にクリームをぬっておきましょう。首にはさらにタオルを巻いてカバーすると安心です。ただし、髪にクリームがつくと、その部分の染まりが悪くなりますのでご注意ください。
もし、ヘアカラーが肌についてしまったら、ティッシュペーパーや水で湿らせたコットンなどですぐにふきとってください。洗い流すと、目に入ったり、他の箇所で着色したりするおそれがあります。
また、手に着色しないように、染める時だけでなく洗い流すときも必ず製品に同封された手袋をつけましょう。

関連カテゴリー