日やけ止めクリームを塗っていたのに日やけをしてしまいました。どうしてですか?

日やけを防ぐためには、紫外線を浴びる状況に応じた最適な紫外線防止効果「SPF」「PA」を確認し、紫外線防止用化粧品を選ぶことが必要です。
たとえ、耐水性の高いものでも、一度塗っただけでは時間の経過とともに多量の汗や皮脂、プールの水や海水、衣服の摩擦などが原因で落ちてしまうことがあります。
また塗りムラがあったり、使う量が少なくても十分な効果は得られません。日やけ止め効果を十分に発揮させるためには、たっぷりの量を肌にムラなく塗ることと、こまめに塗り直しをすることをおすすめします。

関連カテゴリー