同じ色番の口紅を買ったのに、新しいものは唇に塗ると色味が違うように見えますが、どうしてですか。

しっとりした柔らかな使用感の口紅は、使うにつれ、やや柔らかくなる傾向があります。
そのため、ひと塗りで唇につく紅の量も増えることから、発色や仕上がりの違いを感じるものと思われます。
同じ色でも、つける量やつけ方で、軽めの仕上がりや、濃厚な色味を楽しむことができます。

【同じ色でも、つけ方で仕上がりが変わります】

リップベースなどで唇を整え、スティックで下唇の中央にラフに直塗りします。唇の上下を軽く合わせ、なじませます。

スティックで唇の輪郭に沿って、直塗りします。口紅の感触のよさが一番実感できるつけ方です。

口紅をリップブラシに取り、唇の輪郭に沿ってていねいに塗ります。さらに唇の中央に重ねると、よりこっくりと仕上がります。

関連カテゴリー