化粧品を誤って飲んだ時、どうしたらよいですか?

水で口に残ったものをすすいでから、コップ1~2杯の水か牛乳を飲んでください。牛乳には、胃壁を保護し、成分の影響を弱める働きがありますので、あれば牛乳を飲むほうが効果的です。
また、飲んだものを無理に吐き出そうとしないでください。嘔吐物が気管に入って、窒息や誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん:左の説明参照)をおこす可能性があり、危険です。

●少量の原液や使用濃度に溶かした液を飲んだ場合
応急処置後、異常があれば、飲んだ製品を持って医師の診察を受けてください。少量の誤飲・誤食でも、すみやかに受診する必要がある製品もありますので、下記の日本中毒情報センターのホームページも併せてごらんください。

●原液をそのまま、多量に飲んだ場合
応急処置後、飲んだ製品を持ってすみやかに医師の診察を受けてください。

飲んだ直後に症状がなくても、経過を観察し、いつもと様子が異なる場合は、医師の診察を受けてください。

日本中毒情報センターのホームページに、誤飲・誤食の問い合わせが多い製品の応急手当の方法が紹介されていますので、こちら(リンク)をごらんください。

関連カテゴリー