ガス抜きキャップ(残ガス排出用)とは何ですか?

エアゾール製品は、缶の中にガスが残ったまま廃棄されることがあり、ごみの回収車や廃棄物処理施設で火災事故が発生しています。ガス抜きキャップ(残ガス排出用)は、このような事故を防ぐために、使い終わったエアゾール缶の中に少量残ったガスを簡便かつ確実に出し切るための仕組みです。装着するとボタンを押し続ける仕組みになっており、指でボタンを押さなくてもガスが排出できます。
中身を使い切ってから風通しがよく火気のない屋外で、シューッという音がしなくなるまでボタンを押し、残った中身やガスを出し切ってください。その後に「ガス抜きキャップ(残ガス排出用)」を使って、容器に残ったごく少量のガスを排出してから、各自治体の分別方法に従ってごみに出してください。
ガス抜きキャップ(残ガス排出用)は、製品によって仕組みや使い方が違いますので、必ず製品の表示をよく読んでからお使いください。

■関連する質問
Q ガス抜きキャップ(残ガス排出用)を使う時の注意は?

関連カテゴリー