第11回・1991年
LOHASなブランド
~カネボウ EC~

1991年発売 カネボウEC

今ではよく耳にするようになった「サステナビリティ(Sustainability)」とういう言葉が初めて使われたのは、1987年のこと。この年に開催された国連の「環境と開発に関する世界委員会」の報告書で「Sustainable Development(持続可能な開発)」という概念が謳われたことによります。この概念は、人類社会の発展を、地球環境・社会・経済の3つの観点から持続可能にしていこうという考え方を表しています。
しばらくして、1990年には、アメリカのビジネス界で「LOHAS」という言葉が作られました。これは、「Lifestyles of Health and Sustainability」の頭文字をとった略語で、健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイルを提唱するものでした。日本では、2004年頃からようやくマスメディアに登場するようになり、「LOHAS」が多くの人に知られるようになりました。

その世界の潮流が日本に到達する13年前の1991年、カネボウ化粧品はいち早く「肌と環境にやさしいエコロジカルコスメティック」を開発しました。ブランド名は「カネボウ EC」。Ecological Cosmeticsの頭文字をとった略語で、Earth Clean(地球を美しく)、Extra Calm(とってもやさしい)という意味も含まれています。
パッケージは、当時にできうる最善の技術で設計されました。キャップは樹脂量を半減できるモミ殻入りを採用。ボトルのペットはそれまで自社で使っていたものと比べ1/5の極薄タイプを採用。また、その薄いペットの強度を補完するためにボトルを包んだ紙管には古紙を利用し、ゴミとして捨てられる外箱を廃しました。
もちろん、環境だけではなく、肌にもやさしい設計で、当時の機能性化粧品に生活者が求めた、無香料、無着色、低刺激性、肌への低負担などに対応しつつ、悪化する地球環境から肌を守るための乾燥対策、紫外線対策に特化させました。そして、お手入れ方法も化粧水、美容液、乳液、クリームのベーシック4品のみでのシンプルステップを提案していました。

「サステナビリティ(Sustainability)」とういう概念が生まれた1987年から30年以上を経た今、地球環境の悪化がより身近な問題として議論され、さまざまな対応が試行錯誤され続けています。私たちカネボウ化粧品も、利便性と環境保護の両立を叶える、サステナブルな商品開発をめざして、取り組みを続けています。

これらの製品は販売終了となっています。