第8回・1970年
絵本画家 いわさきちひろの愛用品
~カネボウ ソワドレーヌ リップスティック ユリ~

いわさきちひろさんの遺品 カネボウ ソワドレーヌ リップスティック ユリ 003
撮影 石内 都 <1974.chihiro #1> 2019年 ©Ishiuchi Miyako

写真の口紅は、日本を代表する絵本画家、いわさきちひろさん(1918-1974)の遺品を写真家の石内都さん(1947- )が作品として撮影したものです。
この口紅は、カネボウ化粧品が発売した「ソワドレーヌ リップスティック ユリ」という製品でした。この製品の発売年からちひろさんのご逝去年まではおよそ4年間。その中のある期間に、この口紅がちひろさんの鏡台に置かれていたということになります。

この製品が発売された1970年、カネボウは「メタモルメイク(変身メイク)」というキャンペーンを展開していました。それは、単なる変身ではなく、「自分らしさ」を一番大切にした新しい自分の演出を提案するものでした。そして、そのメイクアップ製品の主役格が、この口紅だったのです。

ちひろさんがそのキャンペーンテーマに共感されてご愛用いただいたのかどうかはわかりませんが、この遺品の口紅の中身はほとんど残っていなかったそうで、それから推測すると、とてもお気に入りの口紅だったのではないでしょうか。

平和で、豊かで、美しく、可愛いものがほんとうに好きだった、いわさきちひろさん。それを守ろうとするメッセージを絵本を通じて、たくさん世に残してくださいました。そんなステキなちひろさんに選んでいただけた「ソワドレーヌ リップスティック ユリ」は、写真家石内都さんの作品として甦り、ちひろ美術館に展示されます。

  • (参考)ソワドレーヌのネーミングの由来
    カネボウの祖業である絹紡績にちなみ、「女王の絹」という意味の「Soie de reine」(フランス語)と名付けられました。高品質なシルクが持つ優雅さをイメージしたネーミングです。

石内都展 都とちひろ ふたりの女の物語

会期
2019年11月1日(金) 〜 2020年1月31日(金)
場所
ちひろ美術館・東京
〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2
ここをクリックすると石内都展の案内ページをご覧いただけます。

寄稿都とちひろ

ちひろ美術館・東京 主任学芸員 上島史子

ちひろ美術館のコレクション作品の総数は、 約27,200点を数え、絵本の専門美術 館としては世界最大規模を誇ります。今 回特別に、いわさきちひろ作品研究の第 一人者である学芸員の上島史子さんか ら、ちひろ先生と石内都展についてのお 話をご寄稿いただきました。 ぜひ、ご一読ください。
収蔵作品(原画)
チューリップのある少女像(1973/いわさきちひろ)

ちひろ美術館のコレクション作品の総数は、 約27,200点を数え、絵本の専門美術 館としては世界最大規模を誇ります。今 回特別に、いわさきちひろ作品研究の第 一人者である学芸員の上島史子さんか ら、ちひろ先生と石内都展についてのお 話をご寄稿いただきました。 ぜひ、ご一読ください。
収蔵作品(原画)
チューリップのある少女像(1973/いわさきちひろ)

これらの製品は販売終了となっています。