ポイントメイク

眉の描き方、アイシャドウの塗り方などの例をご紹介します。

アイシャドウ

目もとを飾り、陰影をつけて立体感を引き出し、イメージを演出したり表情をつくります。

  1. まぶた全体に明るい色
    明るい色は、まぶた全体に境界線がつかないようにぼかします。
  2. 目尻の際をもっとも濃く
    中間色や暗い色は、目尻の際がもっとも濃くなるように目尻からつけます。
  3. 下まぶたは目尻から中央へ
    下まぶたの目尻から中央へ向かってつけます(目尻から2/3くらいのところで止めると自然)。

※下まぶたは上まぶたより弱い表現にしましょう。

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

グラデーションが出しやすいのは
  • パウダー(固形状・粉状)タイプ
  • クリームタイプ など
なめらかにのびる、軽いつけ心地なのは
  • ウォータータイプ など

アイライナー

目の際を引き締め、目線をはっきりと整えて表情をつくります。

  1. まつ毛とまつ毛の間を埋めます
    視線を落として、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように描きます。
  2. 生え際にそってラインを描きます
    まつ毛の生え際にそってラインを描きます。両目のバランスをチェックしながら、目頭は細く、目尻側はやや太めに描きます。
  3. 下のラインは淡く自然に
    下のラインを目尻から中央に向かって淡く自然に描きます。

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

自然なラインを描くには
  • ペンシルタイプ
  • クリームタイプ
  • パウダータイプ
しっかりラインを描くには
  • リクイドタイプ
  • ジェルタイプ

マスカラ

まつ毛を濃く長くして、目を大きく見せます。

  1. 毛と毛の間にブラシを入れ込むように
    視線を落として、まつ毛の根元の毛と毛の間に、マスカラブラシが入り込むようにしっかりあてます。
  2. 根元にボリューム、毛先は細く
    根元に立ち上がりとボリュームを出しながら、毛先に向かって細くなるように仕上げます。
  3. 下まつ毛も根元からていねいに
    マスカラブラシを立てて左右に動かしたり、束にならないように水平にして上まぶた同様に根元からていねいにつけます。

アイラッシュカーラー

自然なカールをつくり、マスカラの効果をアップさせます。

  1. 視線を落としてまつ毛をはさみます
    視線を落とし、カーラーの上側のフレームにまつ毛際をあて、目を閉じず、まぶたをはさまないようにまつ毛をはさみこみます。
  2. 3段階で自然なカール
    根元、中間、毛先と3段階で、力を入れすぎないように自然なカールをつくります。毛先に向かって徐々に力を弱くします。

アイブロウ

眉毛を補うように描き、毛流を整えて、表情をつくります。

  1. 左右のバランスを見ます
    眉ブラシで眉についたファンデーションなどを取り除き、毛流を整えながら、眉のプロポーションや左右のバランスを見ます。
  2. 眉頭は薄く、中央は濃く、眉尻はやや濃く
    毛の重なり具合を見て、中心線をイメージしながら眉の中央から描きます。眉頭は薄く、中央は濃く、眉尻はやや濃く表現します。
  3. 中心線を濃く描き、輪郭をぼかします
    眉の輪郭がぼけているように描きます。中心線(眉の芯)を濃く描くことで輪郭がぼけて見え、自然に仕上がります。

※左右対称に見えるように表現します。

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

繊細な眉が描けるのは
  • ペンシルタイプ
  • リクイドタイプ
やさしくやわらかい仕上がりなら
  • ケーキ・パウダー(固型・粉状)タイプ

口紅

口もとを飾り、さまざまなイメージを演出します。

  1. 色みを試しながらのばします
    口紅を輪郭の内側におき、色みを試しながら塗り広げ、輪郭を描きます。
  2. 唇の山の左右を対称に
    唇の山は左右対称になるよう、また口角は上下をつなげるように気をつけます。(ブラシやライナーの側面が唇の輪郭に重なるように)
  3. 上下左右のバランスチェック
    上下左右のバランスと、ゆがみがないかチェックします。

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

輪郭を描くのに便利なのは
  • スティックタイプ
  • ペンシルタイプ
ニュアンスを与えるなら
  • リクイドタイプ
  • グロスタイプ など

チーク

肌の色合いを調節して血色感を演出し、肌を美しく自然に見せます。

  1. ブラシにたっぷり含ませます
    チークブラシにチークをたっぷり含ませます。ティッシュペーパーか手の甲で色を確かめ、表面についている余分なチークカラーは払います。
  2. 頬骨を中心に淡くぼかします
    頬骨を中心に淡くぼかします。鼻の一番下より下がりすぎないように入れます。

※チークのタイプにより指やスポンジなどを使う場合があります。

フェースカラー

肌の色や明るさなど陰影を調節して、肌を美しく自然に見せます。

  1. ブラシに取り、軽く粉をのせます
    広い範囲に使う場合はパフまたはブラシに取り、顔全体に軽く粉をのせます。部分的に使う場合は小さめのブラシを使います。
  2. 境界線がつかないように
    立体感や肌の色調整は境界線がつかないようにしましょう。(ベースメイクの仕上げ段階で使用することもできます)

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

いきいきとした健康的なイメージなら
  • オレンジ・ゴールド系
エレガントで女らしいイメージなら
  • ピンク系
立体感のあるナチュラルなイメージなら
  • ブラウン・ベージュ系
明るく透明感のあるイメージなら
  • ブルー系