1年6季のスキンケア

肌と季節変化

肌は季節を後追いしています。肌が受けた影響が目に見えて表れるまでには、しばらく時間がかかります。

  • 「紫外線量と肌の色」季節変化
    例えば、紫外線と肌の色変化では夏を過ぎると紫外線量は減少しますが、肌は紫外線の多かった春~夏の影響を後追いして、8月を過ぎてもすぐには明るくなりません。
    一方、春になると紫外線量は急増しますが、肌は紫外線の少なかった冬の影響を後追いして、2~4月にかけて最も明るく、紫外線に対して無防備な状態に陥ります。
  • 「気温・湿度と肌のうるおい」季節変化
    肌のうるおい変化を見ても、気温・湿度ともに一番低いのは12~1月ですが、肌はこの時期の寒気・乾燥による代謝の低下などの影響を後追いして、2~3月に肌の水分量が一番低くなっていることがわかります。

1年6季のスキンケアプラン

今の肌状態と前後の季節やお手入れの習慣などからスキンケアのプランを立てましょう

ケア強化年間プラン

  • 前からの影響
    今の季節から1~3ヶ月前の季節環境とお手入れを確認し、今の肌状態を判断しましょう。
  • 今の季節
    今の季節環境を把握し、必要なお手入れを。前の季節の影響を残さないためのお手入れも大切です。
  • 次への準備
    次の季節に向けたお手入れもスタート。今の季節環境が1~3ヶ月後に変化をまねきます。

ページの先頭へ


Menu