ベーシックケア

洗顔や化粧水、乳液などのお手入れをご紹介します。

  • ※医薬部外品の場合、使い方がアイテムごとに異なります。
  • ※化粧品の使い方については容器や箱、箱の中などにある「使用説明書」をご確認のうえ、ご使用ください。

クレンジング

メイクアップ料や皮脂などの油性の汚れとなじみ、溶かして浮かせて取れやすくします。

  1. 5カ所におきます
    適量を手のひらに取り、額、両ほほ、鼻(鼻筋)、あごの5カ所におき、顔全体にのばします。
  2. らせんを描きながら汚れを浮かせます
    やさしくマッサージするようにらせんを描きながら汚れを浮き上がらせます。指のすべりが軽くなったらふき取りもしくは洗い流します。

※クレンジングのタイプによっては手のひらになじませてから顔全体にのばします。

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

しっかりメイクなら洗浄力の高い
  • クリームタイプ
  • オイルタイプ など
ナチュラルメイクなら軽い肌あたりの
  • ローションタイプ
  • ジェルタイプ など

※この他クレンジングにはシートタイプ、目もと用のアイメイクアップリムーバーなどもあります。

ソープ

クレンジング後に残った油性の汚れや水性の汚れをやさしく洗い流して取り除きます。

  1. よく泡立てます
    適量を手のひらに取り、よく泡立てます。逆さにしても落ちないくらいが目安です。
  2. 30秒洗顔&30秒すすぎます
    手と肌が直接触れないようにらせんを描きながら、30秒を目安にやさしく洗い、30秒を目安にしっかりとすすぎます。

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

  • 毛穴の黒ずみ汚れなど、角栓が気になる肌に酵素洗顔がおすすめ

※ソープには、クリームタイプや固形タイプ、泡タイプなどもあります。お好みに合わせてお選びください。

化粧水

保湿成分を多く含み、肌にうるおいを与えます。

  1. 顔全体になじませます
    手もしくはコットンに適量取り、顔全体になじませます。
  2. なじませた後、パッティング
    顔全体になじませてからパッティングします。
  3. 目もと首すじになじませます
    最後に、目もと首すじになじませます。

乳液

油分を多く含み、肌のうるおいを逃さないようにします。

  1. 5カ所におきます
    適量を手のひらに取り、額、両ほほ、鼻(鼻筋)、あごの5カ所におきます。
  2. 顔全体になじませます
    両手で顔全体になじませます。
  3. 首すじになじませます
    最後に首すじになじませます。