ベースメイク

ファンデーションなどの使い方をご紹介します。

化粧下地

肌を守り、肌の色や質感を演出。メイクアップのつきともちをよくします。

  1. 指の腹を使って、内側から外側へ
    適量を指に取り、指の腹を使って、内側から外側へムラなくのばします。
  2. ぬり残しのないように
    目のまわり、小鼻などの細かい部分は特にていねいにぬり残しのないようにのばします。
  3. 生え際をぼかします
    髪の生え際、フェースラインは薄くぼかし、首とのつながりを自然にします。

フィルターカラー

さまざまな色の効果で肌の色の見え方をコントロールして美しく整えます。

  1. ファンデーションの前につけます
    全体に使う場合は、指またはスポンジを使って顔全体にムラなくのばします。部分的に使う場合は、補整したい部分に軽くおくようにしてつけます。
  2. 境目をぼかします
    つけていない部分との境目をていねいにぼかします。

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

オレンジ系
明るく健康的な肌の色に
  • くすんだ肌
  • 青みがかった肌
  • 日やけした肌
グリーン系
透明感のある洗練された肌の色に
  • 赤みがかった肌
  • 色が白めの肌
イエロー系
洗練された落ち着いた肌の色に
  • 赤みがかった肌
  • くすんだ肌
  • 日やけした肌

コンシーラー

シミや目の下のくまなど、気になる部分をカバーします。

  1. カバーしたい部分にのせます
    適量を取り、指またはブラシでカバーしたい部分におき、指かスポンジで周囲の肌の色によくなじませます。
  2. カバーした部分をおさえます
    カバーした部分はパウダーファンデーションなどでおさえます。ファンデーションがパウダータイプの場合は下地の後に。乳化・練りタイプの場合は、ファンデーションの後に使います。

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

シミ・ソバカスが気になる場合は
  • 使用するファンデーションより暗めの色
くまが気になる場合は
  • オレンジよりの色

ファンデーション

肌を美しく見せ、肌の色や質感を演出します。紫外線など、外部の刺激から肌を守ります。

  1. 内側から外側へのばします
    顔の内側から外側へのばします。
  2. 外側へいくほど薄く
    自然に見せるための厚さは、顔の中心からフェースラインまで3→2→1→0が目安でフェースラインは薄くのばします。色や、量による境目をなくすようにします。
  3. 仕上げ用ブラシで払います
    パウダーファンデーションの余分な粉が気になる場合は、仕上げ用ブラシで払います。

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

見た目の色と肌につけた色では、印象が違う場合があるため、首に近いフェースラインにファンデーションをのせ、色を選びましょう。

フェースパウダー

メイクアップのベタつきを抑え、ファンデーションのもちをよくします。

  1. パフにもみこみます
    フェースパウダーをパフにたっぷり取ってよくもみこみ、肌にのせます。最初は軽く全体を押さえ、徐々にしっかりと押さえていきます。
  2. パフを2つ折りに
    目もとや小鼻など細かいところは、パフを2つ折りにしてていねいにつけます。
  3. 仕上げ用ブラシで払います
    頬のあたりを指の背でさわってみてサラサラしていたら、余分なフェースパウダーをパフまたは仕上げ用ブラシで払います。

ワンポイントアドバイスアイテム選びの参考にしてください。

ソフトな印象の肌に仕上げるなら
  • パウダー(粉状)タイプ
外出先でのお化粧直しには
  • プレスト(固形状)タイプ