キレイになる人 キレイは一日にしてならず。昨日より今日、今日より明日、キレイになることを目指す……。さぁ、あなたも「キレイになる人」へ!!
キレイになる人 キレイは一日にしてならず。昨日より今日、今日より明日、キレイになることを目指す……。さぁ、あなたも「キレイになる人」へ!!
キレイになる人 キレイは一日にしてならず。昨日より今日、今日より明日、キレイになることを目指す……。さぁ、あなたも「キレイになる人」へ!!

美は一日にしてならず。
でも“いちばん美しい自分”は
進化させられる 

文・齋藤 薫
人は毎日同じじゃない。
輝いている日もあればくすんだ日もある
気づいていたでしょうか? あなたの印象は毎日変わっていること。目を引くくらい輝いている日もあれば、どんより冴えない日もある。もっと言えば、きれいな日も、きれいじゃない日も……。であるならば、輝くきれいな日を一日でも多く、できるなら毎日を“いちばん美しい自分”で生きていきたい、だからまず自分の一日一日をもっと丁寧につくり直したいのです。
例えば日々の感動が多い人ほど、
毎日輝いて見える
では毎日、“いちばん美しい自分”で生きている人って、一体どういう人なんでしょう? これはズバリ、日々の感動が多い人……。特別なことではありません。当たり前の日常の中にちゃんと感動を見つけられる人。たとえ辛いことがあっても、悲しいことがあっても、自分を感動させる術を知っていれば、毎日輝いていられるはず。
スーパーモデルのアリゾナ・ミューズは
なぜ人を惹きつけるのか?
そういう意味で、仕事でもプライベートでもひときわ輝きを放つのが、このアリゾナ・ミューズという人。知的でナチュラルな美しさが絶大な支持を集め、ハイブランドのミューズも多く務めてきました。その一方で、若くしてシングルマザーとなり、多忙を極める仕事と育児との両立に悩んでいたとも言われます。でも今、子供との時間を大切にすると決めたことで、仕事もより充実しているとか。人気のインスタでも、成長する息子さんの姿を綴っていて、さらなる支持を得ています。まさに感動のある毎日で、日々自らを輝かせている人なのです。
自分を感動させる人は、
“いちばん美しい自分”をも進化させる
自分で自分を感動させる、ひとつの方法としてテーマにしたいのが、毎日、鏡の中の自分を丁寧に見つめ、毎日の自分の変化を感じとり、はっとすること。“美しい自分”を鏡の中に見つければ、それだけで心が震えるはず。それが、毎日更新されれば、毎日でも新鮮な感動を覚えるはずなのです。美しさにはそれだけの力があります。 美しさで人を惹きつけるアリゾナ・ミューズも、そういうふうに“いちばん美しい自分”を日々進化させているに違いないのです。
一日、一月、一年、一生……
成長ある人の人生は美しい
人生、光りもあれば陰りもある。でも昨日より今日、もっと良くなるという前向きでたおやかな心を持てば、人はいつも眩しいほどの存在でいられるはず。だから今日より明日、今年より来年と、自分も進化するというイメージを持って。成長していく自分に自ら感動できる人生ほど素敵なものはありません。美も一日にしてならず、だから今日より明日と、少しずつでも美を進化させる人の人生が、美しいのです。
齋藤薫 美容ジャーナリスト/エッセイスト
女性誌編集者を経て独立。女性誌において多数の連載エッセイを持つ他、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザー、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会理事など幅広く活躍。『Yahoo!ニュース「個人」』でコラムを執筆中。新刊『“一生美人”力 人生の質が高まる108の気づき』(朝日新聞出版)他、『されど“服”で人生は変わる』(講談社)など多数。