KIREI きれいになる人 July and August, 2017 キレイは一日にしてならず。昨日より今日、今日より明日、キレイになることを目指す……。さぁ、あなたも「キレイになる人」へ!!
キレイは一日にしてならず。
昨日より今日、今日より明日、
キレイになることを目指す……。
さぁ、あなたも「キレイになる人」へ!!
だから、まずはチェックしてみませんか?
『あなたの満たされ度』

心と体と肌、そして毎日と人生全般…100%をこの5つで割ったら、あなたは何%満たされているでしょうか?
例えば、心の満足度は10%。体調は12%。肌のうるおい充満度は15%。そして、毎日は忙しすぎて自分の時間を持てないから5%だけれども、人生全般は結構気にいっているから18%…こんな人がいたら、この人の満たされ度は計60%。ちょっとそんなふうに自分の満たされ度を見つめ直してみてほしいのです。

さらには、いろんな意味で満たされていることの素晴らしさを、そして満たされた人が美しい理由を4つの角度から、様々に見つめてみたいと思います。100%満たされた、美しい人になるために。


文・齋藤薫(美容ジャーナリスト)

1 美しむ人は、
私を美しむから、美しい

美しむとは、慈しむ。愛しむ。
それは、愛に溢れた人の証

美しむ…耳慣れない言葉ですが、でも私たち女性には、それがどういう意味を持った言葉なのか、本能で理解ができる気がします。

「美しむ」「うつくしむ」…それは、慈しむ、あるいは、愛しむ、という意味を持つ古語。人や物を慈しみ愛しむ、そこにかつて「美しい」という字を当てた日本語の想いを改めて感じ取ってほしいのです。

物を大切にする人は美しい。自分の家族や友人を大切にする人って、やっぱり美しい。慈しむという行為そのものが、愛に満たされ、愛に溢れている人の証だから。

慈しむと、美しくなる。愛しむほどに、美しさが育まれる…あらゆるものにそういう関係式が息づいているという事実を、そこから読み取ってほしいのです。

2 日々を美しむから、美しい

そして、自分が生きている日々を大切にできること、何気ない毎日を、当たり前の暮らしを、丁寧に営めること。それこそが“美しむ”の始まりだということに気づいてください。

例えば、花に毎日、声をかけつつ愛でることが、美しむこと。そうすると花はもっと美しく咲き誇り、それを喜ぶ自分にも美しさが返ってくるはずだから。

3 私を美しむって、どういうこと?

美しい人は、やはり自分自身をも丁寧に愛しんでいます。
とはいえ、自分を大切に取り扱うのは難しい。ただ神経質になりすぎるだけでは意味がなく、むしろ“想いを込めて育てていく”という感覚を持ってください。まさしく“自分を磨く”という感覚。

だから、日々のスキンケアにおいても、ただ漫然とうるおいを与えるのではなく、“美しさで私を一滴一滴満たしていく”、そういう美容をしたいのです。

満たされた人が美しい4つの理由
01 美しむから、美しい DEW 10.16発売
01 美しむから、美しい DEW 10.16発売
01 美しむから、美しい DEW 10.16発売
  • 2 とろける幸せ、ときめくから美しい コフレドール 9/1発売
  • 3 花は蕾から満開まで、その先まで美しい KANEBO 9/8発売
  • 4 日々充実しているから、美しい リサージ 10/16発売
  • 2 とろける幸せ、ときめくから美しい コフレドール 9/1発売
  • 3 花は蕾から満開まで、その先まで美しい KANEBO 9/8発売
  • 4 日々充実しているから、美しい リサージ 10/16発売
齋藤薫 美容ジャーナリスト/エッセイスト
女性誌編集者を経て独立。女性誌において多数の連載エッセイを持つ他、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザー、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会理事など幅広く活躍。『Yahoo!ニュース「個人」』でコラムを執筆中。『“一生美人”力 人生の質が高まる108の気づき』(朝日新聞出版)他、『されど“服”で人生は変わる』(講談社)など多数。
Next Issue: November 1, 2017