ヘアカラーをする前には、なぜ毎回皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要なの?

これまで問題なくヘアカラーを使っていた方でも、ある日突然、ヘアカラーの染料によるアレルギー反応を起こすことがあるからです。そのため、ヘアカラーを使う前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行う必要があります。

テスト部位にかゆみ・はれ・赤み・ブツブツなどの異常があったら、アレルギー反応を起こしている可能性が高く、その時点から、テストしたヘアカラーだけでなく、すべてのヘアカラーの使用をやめる必要があります。
なぜなら、ほとんどのヘアカラーは同じタイプの染料を使用しているので、その後もヘアカラーを使い続けると症状が悪化し、まれに全身じんま疹・呼吸困難・血圧低下などの重篤なアレルギー反応を起こすことがあるからです。いつもと同じヘアカラーを使う場合でも、毎回必ず、製品の表示や使用説明書に従って。正しくパッチテストを行ってください。


*今までにヘアカラーでかぶれたことのある方(かゆみ・はれ・赤み・ブツブツなどの症状が出たことのある方)は、絶対にヘアカラーを使用しないでください。

*パッチテストの方法は、説明書にくわしく記載していますので、必ずよくお読みください。

■関連する質問
Q ヘアカラーの皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は、なぜ染める48時間前にするの?
Q 皮膚アレルギー試験(パッチテスト)で異常があったら、どうすればいいの?
Q ヘアカラーの皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしたら、赤みやかゆみが出たので染めるのをやめました。別の日にもう一度テストして、異常がなければ染めてもいいの?
Q ヘアカラーによるかぶれとは?一度かぶれたらもうヘアカラーは使えませんか?
Q ヘアカラーにかぶれたので使えなくなってしまったが、他に白髪を目立たなくするために使える製品はないの?

■関連リンク
皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の手順-動画-
(日本ヘアカラー工業会のホームページ)

関連カテゴリー