香りの効果

嗅覚から、肌から、心や体に働きかける香りの力

心理的・生理的効果があるとされる香りはいろいろありますが、香りの何がどのように働いているのでしょうか。カネボウ化粧品では、「嗅覚」への働きかけと「肌」への働きかけという2つの方向からみた新たな香りの効果を、化粧品の開発に役立てています。

ホルモンバランスに関係する香り

嗅覚へ働きかける香りの機能性としては、ハーブの鎮静や覚醒の効果がよく知られていますが、香りにはホルモンバランシング(ホルモンの働きを整える)効果もあります。例えば、天然ムスクに含まれる「ピュアムスク」を嗅ぎ続けると、女性ホルモン(エストラジオール)のバランスがコントロールされ、これにより肌状態も改善されます。また、「サフラン」の花の香りにも、女性ホルモン等のバランスをとり、ストレスを和らげる可能性があります。香りには、心理的な効果だけでなく女性の美と健康につながる効果もあるのです。

脳に働きかけてダイエットにも役立つ香り

ストレスから暴飲暴食に陥りやすく、肥満になりやすい現代社会。では、香りと食欲の関係はどうなっているのでしょう。香りは、食欲と関係がある脳の摂食中枢に働きかけ、食事や飲水の量を増減させることがわかっています。たとえば「桂花」の花の香りは、食欲を抑え、満腹感を与えます。実際に、桂花の香りを嗅ぐと食前・食後に満足感が得られ、体調も改善され、体重や体脂肪率も軽減方向に向かいました。ストレスを和らげる効果も確認されるなど、香りには現代人の悩みを解決する大きな可能性があると考えられます。

桂花

香気成分にも効果がある

香りを構成する成分のことを香気成分と言います。たとえば、バラの香りも複数の香気成分で構成されていますが、そうした成分の中には肌に働きかけて効果を発揮するものも多くあり、香気成分の驚くべき機能性が次々と発見されています。

アンチエイジングに有効な香り

肌のうるおいとハリに欠かせないヒアルロン酸。肌の内部で作られるヒアルロン酸の量は加齢とともに低下し、外から補うことができません。そこで、肌自身がヒアルロン酸を作り出す力を高めるケアが必要になります。
そういった香気成分を探索したところ、肌の細胞に働きかけ、ヒアルロン酸の産生促進に効果のある香気成分が見つかっています。真皮には天然ムスクの主要香気成分である「ピュアムスク」が、表皮にはクロッカスのめしべから抽出した天然精油がそれぞれ有効でした。これらをメインに、ローズなどの天然香料を合わせ、「ロージーアロマコンパウンド」という、新たな成分を開発しています。

インモルテル

エイジングを加速させないために

紫外線などの外的環境やストレスなどで体内に過剰に発生する活性酸素は、さまざまな肌トラブルの原因となるだけでなく、エイジングを加速させる肌の大敵です。そんな活性酸素を抑える抗酸化機能のある香気成分も発見されています。たとえば、地中海沿岸に自生するキク科の「インモルテル」の精油や、サフランの花の、特におしべに含まれる香気成分。「アイリス」の精油や「水仙」の花の香りにも、高い抗酸化作用があります。
新たな成分や機能性が次々と発見され、また、ひとつの香りでも複数の機能がみつかるなど、香りの世界はますます広がっています。

サフラン

  • 肌の基礎知識
  • 肌トラブルあれこれ
  • 肌へのアプローチ
  • 化粧品の進化
  • 香りの可能性
  • 美しさの本質
  • 測定と評価
  • 美容研究
  • 人にも環境にも優しいグローバルな製品開発
  • 技術発表レポート