経営推進体制

企業価値の継続的な増大をめざして、適法かつ効率的な、また健全で透明性の高い経営が実現できるよう、経営体制及び内部統制システムを整備し、必要な施策を実施しています。

経営推進体制を説明する図

サステナビリティ委員会

サステナビリティの理解を深め、未来に向けた社会と企業双方の持続的発展に寄与することを目的に推進しています。

環境戦略推進

サステナビリティの視点に立ち、社会的価値の創造を目指した環境戦略を検討・推進します。

内部統制委員会

業務の有効性・効率性、財務報告の信頼性、事業活動に関わる法令等の遵守ならびに資産の保全などの目的を達成するために、次の内部統制に関する機能を横断的に統合し、業務活動の質の向上を図っています。

リスク・危機管理推進

事業活動全般にわたって生じ得るさまざまなリスクを想定した対策を立て、リスクの発生頻度や影響の低減を図るなど、適切な管理を行なうとともに、万一発生した場合の被害・損害の極小化を図ります。

コンプライアンス推進

「倫理に基づく行動」と「法の遵守」を基本におき、良識ある公正な行動により、誠実で清潔な“徳のある企業”として、全てのステークホルダーから支持されることを目指しています。

情報セキュリティ推進

情報セキュリティポリシーに基づく社内ルールの制定、管理体制整備及び社内啓発活動を通じて、機密情報(TS)、個人情報、ハードウェア、ソフトウェア、各種データファイル等の情報資産の保護を図ります。

レスポンシブル・ケア推進

化学物質を扱う企業が、商品の開発から廃棄に至る全過程で、自主的に「環境・安全・健康」を確保し、社会との対話・コミュニケーションを行うRC活動において、継続的向上を目指し推進しています。