沿革

1887 創業
1897 社名を鐘淵紡績(株)に改称
1903 従業員の声を聞く「注意函」の実施
日本最古の社内報発刊
1936 化粧品事業開始 絹石鹸(SAVON DE SOIE)発売
1937 ベビー石鹸発売
1946 親水性コールドクリーム発売
1949 鐘淵化学工業(株)が設立し、化粧品事業を移管
1950 カネボウ陸上競技部創部
1952 酸性化粧水「クイーン アストリンゼン」発売
1954 産業用保護クリーム「カネクタン」発売
1960 メイヤングクリーム発売
1961 化粧品事業が鐘淵化学から復帰し、化粧品事業の本格展開スタート
第1回クイーンストア(チェーン店)全国大会を開催
香港に進出し、海外展開を開始
1962 美容研究所設立
メイクブランド「ステージカラー」誕生
1963 日本国内の14販売会社を49に増設し、全国販売体制を確立
1965 パリ研究所開設
1966 油溶性ビタミンC配合美白化粧品発売(ソワドレーヌ ビューティCパウダー)
カネボウ・チェーンニュース発刊
1967 東京・銀座にカネボウ化粧品販売(株)設立
1968 国産第1号のエステ機器開発
1969 小田原工場稼動
1971 社名を鐘紡(株)に改称
メディカルソワンエステティック医学会発表
化粧品研究所竣工
1973 美容部員の技術向上を目的とした「第1回メイクアップコンテスト」開催
1976 横浜に化粧品教育センター完成
1979 英国ハロッズで販売開始し、欧州進出
レディ80シリーズ発売
1980 カネボウコスメティックスヨーロッパLTD.設立
1982 ヘアケアブランド「SALA(サラ)」発売
1984 レディ80 BIOリップスティック発売
1987 中国進出
創立百周年
1989 欧州でSENSAI EX "LA CRÈME” 発売
美白ブランド「BLANCHIR(ブランシール)」発売
1992 テスティモから「落ちにくい口紅」発売
1994 カネボウコスメット株式会社設立
1995 美容研究所・世界のアンティークコンパクトコレクションが1,074点に達し、収集を終了
1996 専門店専用ブランド「TWANY(トワニー)」発売
1997 サウジアラビアを皮切りに中東へ進出
セルフメイクアップブランド「KATE(ケイト)」発売
1998 小田原事業場が環境マネジメントシステムである国際規格基準<ISO14001>を取得
1999 カネボウコスメティックスUSA LLC設立
プレステージブランド「LUNASOL(ルナソル)」発売
2000 上海工場竣工
中国で現地生産ブランド「AQUA(アクア)」発売
セルフブランド「EVITA(エビータ)」発売
2001 社名をカネボウ(株)に改称
タイに合弁会社「タイカネボウ化粧品LTD.」を設立
2003 東欧8カ国に進出
2004 化粧品部門がカネボウ株式会社より分離・独立し、株式会社カネボウ化粧品を設立
2005 佳麗宝化粧品(中国)有限公司設立
2006 花王グループに編入
プレステージブランド「Impress(インプレス)」発売
2007 トータルメイクアップブランド「COFFRET D'OR(コフレドール)」発売
高機能エイジングケアシリーズ「DEW SUPERIOR(デュウ スペリア)」誕生
2008 美白ブランド「BLANCHIR SPERIOR(ブランシール スペリア)」発売
2009 カネボウトータルビューティアカデミー開校
カネボウコスメティックスロシアLLC設立
スイス・インターラーケンの5ツ星ホテル「ヴィクトリア・ユングフラウ・グランドホテル&スパ」に、「SENSAI SELECT SPA(センサイ・セレクト・スパ)」を開設
2011 カネボウコスメティックスマレーシアSdn.Bhd.設立
中国で現地生産ブランド「AQUA LUNASH(アクア ルナッシュ)」を発売し、化粧品専門店流通に参入
2012 カネボウコスメティックス韓国Ltd.設立
2013 新・肌測定機器「ビューティアナライザーADⅡ」導入
ロドデノール配合製品の自主回収
花王への組織統合開始
トータルメイクアップブランド コフレドールから「COFFRET D'OR Gran(コフレドール グラン)」を発売
2014 花王への組織統合(研究・生産)
“頭皮スキンケア”発想のヘアエイジングケアブランド「L’EQUIL(リクイール)」を発売
「DEW」ブランドから新エイジングケアシリーズ「DEW(デュウ)ボーテ」発売
KATEがグローバルでの成長戦略を深耕
2015 高価格男性スキンケア市場に参入「LISSAGE MEN(リサージ メン)」発売
「トータルビューティカウンセリング」スタート
花王ミュージアム・カネボウゾーン新設