【開発段階】2. 処方の安全性確認

概要

人工皮膚や培養細胞での確認後、実際に肌につけても問題がないことを確認します。ヒリヒリ感などの刺激感のない、使い心地の良い製品を開発します。

ポイント

  • 開発したすべての製品は、パッチテストなどで肌への刺激がないことを確認します。
  • 敏感肌の方にお使いいただく製品については、皮膚科専門医の立ち会いのもとでスティンギングテストも実施し、かゆみやヒリヒリ感が生じないことを確認します。
  • その他、必要に応じてアレルギーテスト、ノンコメドジェニックテスト等も実施しています。

処方テスト項目

パッチテスト

化粧品の安全性を評価するのがパッチテストです。製品の安全性を確保するために、皮膚に対する刺激性やアレルギー反応を調べます。

敏感肌向けのスティンギングテスト

敏感肌の方を対象にした、かゆみやヒリヒリ感を評価する感受性テストです。使用前の状態と使用後の状態を、皮膚科専門医の立ち会いのもと確認します。

アレルギーテスト

パッチテストを週3回×3週間、2週間の休止後再度実施し、皮膚アレルギー反応がでないことを確認します。

ノンコメドジェニックテスト

ニキビを生じにくい製品かをチェックする試験です。塗布部でのマイクロコメド(ニキビのもと)の変化を観察し、評価します。